前へ
次へ

不動産買取のデメリットに関して

不動産業者に因る買取については、惹きつけられるメリットが数多くあります。
ですので、買取の方が良いのではと感じてしまいがちです。
しかし買取のデメリットは存在します。
そしてそれは、非常に大きなデメリットともいえます。
これについては、端的にいえば売却価格がダウンするということです。
仲介のケースでは、相場の価格に非常に近い額を売却価格に設け、現実的には相場と比べて幾分下がった額で譲渡するといった感じになることがよくあります。
しかしながら、買取のケースでは、ハウスクリーニング、あるいはリフォームなどを行なって再販することそれから、取引できない状況での維持費なども考えられることになります。
不動産業者の考え、家屋の状況によって違いがありますが、一般的に考えて相場の7から8割程の価格となります。
ひとつの例として、相場の価格が3,000万円の物件のケースになると、買取の価格は、2,100から2,400万円程になります。

Page Top