前へ
次へ

不動産買取を実行する上での留意点

不動産買取にはデメリットも存在します。
まず買取価格が安価になる点があげられます。
不動産買の売却の額に関しては、仲介と比べて安価になることがほとんどです。
目安となる相場としては不動産仲介の70パーセント程と評されています。
不動産業者については、買い入れた不動産をリフォーム並びにリノベーションを行なって販売して利益を計上します。
従って安い金額で仕入れることから、不動産買取のほうが安くなる確率が高いです。
また、不動産買取は、有利ではない物件もあります。
ひとつの例として新築の物件が挙げられます。
不動産買取を行った不動産業者のプラスの面は、物件を安価で手に入れてリフォームを行ない販売するところにあります。
新築物件につきましてはリフォーム要素が多くないことから、ふつうの仲介のほうが高い値段で売却される可能性が大きくなります。
ですから、不動産買取に適している物件というのは、ある程度年数が経過している物件になります。

Page Top