前へ
次へ

不動産買取がお勧めできる理由とは

売却の物件に内在する瑕疵、具体的には設備並びに構造部分の欠陥などが見つかったケースでは、一定の期間売主については買い主に対しまして責任を負う必要があります。
このことを瑕疵担保責任といいます。
不動産買取のケースでは、買主が不動産業者となるので、瑕疵元歩責任を免除されることになります。
売却した後に設備不良が影響を及ぼして売主と買主間でトラブルを起こす事が問題点となりますが、不動産買取につきましてはリフォームをする必要がなく、一切合切買い取りサイドの不動産業者任せですから不必要なコストもかかりません。
売却した後のさまざまなトラブルも発生せず尾を引かずに売買を完結させる為にも不動産買取は奨励できます。
さらに、 不動産買取の買主は不動産業者であるので、仲介手数料が不要です。
ですので、引越しもしくはローンの頭金などの費用に充てることが不可能ではありません。
ひとつの例として、3000万円で譲渡した場合の仲介の手数料は96万円と消費税です。

Page Top