前へ
次へ

不動産買取に向いている物件とは

世間には不動産買取に適したタイプの物件があります。
まず第一に、築年数が古い物件が挙げられます。
これに関しては戸建て並びにマンションに共通しています。
戸建のケースの目安は、築20年です。
その理由は、木造の税法上の耐用年数が、築22年でありまして築20年に達すると、不動産業界において家屋の資産価値はゼロとみなされてしまうためです。
マンションの目安は、築30年になります。
マンションの構造に関しては、鉄筋コンクリートできっちり構築されていることから、耐用年数が長くなります。
しかしながら、給排水管設備の寿命は、25から30年ぐらいとされていますので、老朽化に因る水漏れを気に掛ける必要があります。
マンションの構造により配管そのものが複雑なものもあって、修繕費として数百万かかることもたまに見られます。
売却した後に給排水管の設備の欠陥があった場合、瑕疵担保責任により、責任を負わされてしまうことが起こりますので、配管設備のことを考えれば、仲介で譲渡するのはリスクがあります。

Page Top